ライオンズクラブ国際協会330-B地区11R2Z 山梨中央ライオンズクラブ

ライオンズクラブとは

ライオンズクラブの歴史

ライオンズクラブは1917年6月7日、アメリカの青年実業家メルビン・ジョーンズによって、アメリカ合衆国に27クラブが集い設立されました。ライオンズの理念は多くの人の心をとらえ、その後大変なスピードでアメリカ国内はもとより世界各国にクラブが結成されていきました。
日本には1952年3月5日、フィリピンのマニラライオンズクラブの指導によって東京ライオンズクラブが結成されました。当時フィリピンはなお険悪な対日感情を抱いていましたが、その恩讐を越えて人類の進歩と平和を願うライオンズの精神は、日本の指導者たちを感激させ、以来わずかの年月に多数のクラブと会員を集め、今や日本は世界第2位のライオンズ国となっています。

われわれは奉仕する

私たちの社会は自分だけでは、成り立っていけません。世界の平和と社会の幸せを願うライオンズクラブ員は、各地域で「仕事をしながら、地域社会に役立つ奉仕活動をしよう」と集まった人たちです。ライオンズクラブのモットーは「We Serve(われわれは奉仕する)」です。奉仕というと何か固いイメージがありますが、私達は自らの行動を一番の主眼と考え、実践しています。
ライオンズクラブは、地域社会の生活、文化福祉向上等の奉仕活動を展開し、世界の平和を願う、世界最大の奉仕団体です。

世界中いつでも支援します

ライオンズクラブが集結すると、大きな問題も小さくなります。 地域社会もよりよくなります。 それは、私たちが地域社会でも世界でも比類ない誠実さとエネルギーで、支援を必要としているところに手を差し伸べているからです。


45,000のクラブと135万人の会員でライオンズは世界最大の奉仕クラブ組織になっています。


ライオンズは最も成果を上げている奉仕組織でもあります。 やるべきことをやり遂げます。


最近の事業


アメリカ・カリフォルニア州に3,000人のボランティアが集結し障害のある子どもも障害のない子どもも遊べる公園を建設。
南アフリカの黒人居住区に住む6万人の人たちに食糧支援を実施。 これはライオンズが南アフリカで日常的に行なっている活動です。
ホンジュラスに眼科医のチームを派遣し、100人を超える成人と子どもを治療。
どこで活動しても、私たちは友達をつくります。 教科書が必要な子どもたちや移動手段を必要とするお年寄り、そして実際に会うことはなくても支援した人々とも友達になれるのです。


世界中の有能で献身的なボランティア・リーダーが私たちを導いてくれます。 そしてライオンズ人道プロジェクトを資金面で支援するライオンズクラブ国際財団(LCIF)によって私たちは支えられています。 ?


ライオンズクラブ国際協会の国際本部とLCIFはどちらもアメリカ・イリノイ州オークブルックに所在しています。